TOPICS

鳥取 その他の街情報 新着記事

1件〜50件

  • 高野支部、同推協合同研修会in 萩市 2日目

    合同研修会の2日目に、フィールドワークをしました。吉田松陰の作った松下村塾、吉田稔麿の生誕の地、大屋の処刑場、吉田松陰、稔麿の墓など、部落民のかかわりを含めた説明をしていただき、とても勉強になりました。ただ、観光で訪れても分からない詳しい解説を丁寧にしてくださった高林先生に感謝します。ありがとうございました。また、子どもたちを連れてきたいと思いました。高野支部、同推協合同研修会in萩市2日目

    前住たかゆき

    氷ノ山の貴公子Jr.

    読者になる
  • チューリヒ歌劇場へ

    昨日は、友人Kっくんが歌手として出演していた、ヘルムート・ラッヘンマン作曲『マッチ売りの少女』のバレエ公演を観るために、スイスのチューリヒ歌劇場に出向いていま…

    あやみぃ

    Ayami CANTABILE

    読者になる
  • 高野支部、同推協合同研修会in 萩

    合同研修会で萩市まで行きました。人権センターの川口局長と県人権同和教育研究協議会の高林委員長の講義を聞き、資料に基づく部落史や部落差別の現状を聞きました。最近では、無自覚が差別を起こしていると言われたことが心に残りました。ネット社会になって、寝た子を起こすな論は通用しないので、これからも同和教育、人権教育を進めて行く必要性を再確認しました。萩市の幕末期における被差別部落民の役割が重要な位置を占めていたことが分かりました。しっかりと研修ができ、有意義な時間となりました。高野支部、同推協合同研修会in萩

    前住たかゆき

    氷ノ山の貴公子Jr.

    読者になる
  • 若桜のお土産・特産品開発支援事業報告発表会

    3年間にわたって行われてきた特産品開発支援事業の最終報告発表会がありました。最終年度は、12の事業所さんが報告されてどの発表も財布に手が行きそうな発表ばかりでした。こうして若桜のお土産の新しいものができ、定着してくれることを期待します。継続支援の必要性も感じました。若桜のお土産・特産品開発支援事業報告発表会

    前住たかゆき

    氷ノ山の貴公子Jr.

    読者になる