TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

廿日市情報 トップ TOP

help

続きを見る

  • 1位

    原線の広電バス運行時代-①

    広電バスの原線運行は昭和18年(1943)に郊外バス事業者の統合でマキノバスの廿日市~原線の運行を引き継いでおり、マキノバス時代の原線運行開始については定かでない。また当時国立原病院も開設されていなかったのでどこまで運行されていたのかも不明である。昭和22年(1947)に国立広島療養所分院として発足しているので、この頃に原(原療養所口)停留所が設けられたものであろう。昭和37年(1962)5月頃、広島バスセンターから原(原療養所口)行きが11便あり、ここから折り返していたが、それ以前の昭和35年(1960)頃にはすでに川末まで行く便もあったようである。(このバス停は現在原小学校上となっている)下画像は昭和20年代後期頃、原地区の中心地である橋本を通る広電バス(元原公民館HP画像より)原線の広電バス運行時代-①

    hathu

    『はつかいち』ぶらり

    読者になる
  • 2位

    原線の広電バス運行休止

    原地区の川末まで運行していた広電バスは一昨日で運行休止となり、昨日から小型の廿日市さくらバス(市自主運行バス)が運行されだした。昨今の原線広電バスは大きな車両でほとんど空気を運搬していたような状態であった。当ブログ主が若い頃にはバスセンターまで通勤に利用していた。時には満員で積み残しが出て臨時バスが運行されていたようなこともありドル箱路線であったのであるが・・・原線の広電バス運行休止

    hathu

    『はつかいち』ぶらり

    読者になる
  • 3位

    ドライフラワー教室。 明るくて可愛い♡

    お早うございます広島県廿日市市吉和ミントハウスのターシャです。本日のドライフラワー教室。メイちゃんの作品。50cmのガーランドです。ボリュームほっこりの、ガー…

    ターシャ

    ミントハウスの花日記

    読者になる
  • 4位

    原線の広電バス運行時代-②

    川末地区に残されている広電バスの川末車庫跡で棟続きに宿舎跡があるが現在朽ち始めている。昭和24年(1949)10月頃は原止まりであり川末までの運行が何時ごろ開始されたのかは定かでない。広電ニュースによると昭和35年(1960)11月に広島~川末3往復増便、廿日市~川末3往復増便とあり、昭和37年(1962)1月には原~川末1往復増便とされている。同年5月頃、広島バスセンター20時35分発の終便が川末に21時33分着、乗務員はここで宿泊して翌朝6時35分に廿日市行きの始発便が出ていた。原線の広電バス運行時代-②

    hathu

    『はつかいち』ぶらり

    読者になる

続きを見る

  • 足立美術館

    足立美術館

    足立コレクションで有名な、芸実品は、広大な名庭園の中の展示室にありました。 世界的に有名な庭園と日本画展室を持っている足立美術館、島根の安来市に所在します。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 一畑電車

    一畑電車

    一畑電車は、風光明美な宍道湖の北を走る、松江しんじ湖温泉駅〜出雲市駅を結ぶ北松江線と、歴史ある出雲大社に行ける川跡駅〜出雲大社前駅を結ぶ大社線の2路線を持つ鉄道会社です。 2006年3月31日まで「一畑電気鉄道」を名乗っていましたが、鉄道部門分社化の為、現在「一畑電車」と名乗っています。 企画乗車券として、1日全区間乗降自由で和紙風の記念になるきっぷ「一畑電車フリー乗車券」や、沿線の観光施設とフリー乗車券がセットになったきっぷ、更には3日間3000円で一畑電車や周辺のバス乗り放題のきっぷの発売を行っています。 また、終日自転車持ち込み可、電車アテンダント導入などのサービスを行っています。 そして2010年、『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』の舞台として一畑電車が選ばれ、一時乗客数が増加しました。 更に、営業運転から引退した日本最古級の車両デハニ50形を利用して、一般客に体験運転をさせる試みも行われています。 しかし、一畑電車の経営状況は非常に厳しい状態です。 山陰地方に御旅行の際は、是非一畑電車を御利用下さい。

    テーマ投稿数 45件

    参加メンバー 5人

  • 広島県福山市 売買不動産情報

    広島県福山市 売買不動産情報

    広島県福山市の不動産情報です。 売買物件を中心にご紹介しましょう♪

    テーマ投稿数 18件

    参加メンバー 2人

  • 広島県福山市 賃貸情報 不動産 社宅情報

    広島県福山市 賃貸情報 不動産 社宅情報

    広島県福山市 賃貸情報マンション アパート貸家などをご紹介しましょう(*^_^*)

    テーマ投稿数 15件

    参加メンバー 1人

  • ☆広島県福山市☆

    ☆広島県福山市☆

    広島県福山市全般の記事◎ イベント・人・お店・情報等 福山に関わる内容の記事。

    テーマ投稿数 52件

    参加メンバー 8人

  • ☆広島県府中市☆

    ☆広島県府中市☆

    広島県府中市全般の記事◎ イベント・人・お店・情報等 府中に関わる内容の記事。

    テーマ投稿数 21件

    参加メンバー 1人

  • ☆広島県尾道市☆

    ☆広島県尾道市☆

    広島県尾道市全般の記事◎ イベント・人・お店・情報等 尾道に関わる内容の記事。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 3人

  • http://diary.blogmura.com/rpc/trackback/

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 1人

  • 離婚・家族の悩み カウンセリング相談

    離婚・家族の悩み カウンセリング相談

    離婚したい方、修復したい方に、ご相談者様がご満足される解決方法を全力で、アドバイス致します。 ただお話をお伺いするだけではありません。現在抱えていらっしゃる問題を解決するよう、具体的な方法をお話し致します。一度カウンセリングを受けて頂ければ、きっと驚くほどの効果を期待できます。 お悩みの時間を、たった1時間だけご相談の時間へ。

    テーマ投稿数 26件

    参加メンバー 5人

  • 山口県の地酒

    山口県の地酒

    山口県にもたくさんの美味しい日本酒があります。山口に関する日本酒や地ビールなんかも含めてトラックバックしてください!

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 1人

続きを見る

  • 原線の広電バス運行時代-②

    川末地区に残されている広電バスの川末車庫跡で棟続きに宿舎跡があるが現在朽ち始めている。昭和24年(1949)10月頃は原止まりであり川末までの運行が何時ごろ開始されたのかは定かでない。広電ニュースによると昭和35年(1960)11月に広島~川末3往復増便、廿日市~川末3往復増便とあり、昭和37年(1962)1月には原~川末1往復増便とされている。同年5月頃、広島バスセンター20時35分発の終便が川末に21時33分着、乗務員はここで宿泊して翌朝6時35分に廿日市行きの始発便が出ていた。原線の広電バス運行時代-②

    hathu 『はつかいち』ぶらり
    読者になる
  • 4月からのドライフラワー教室のご案内。

    お早うございます広島県廿日市市吉和ミントハウスのターシャです。4月から、ドライフラワー教室のシステムが少し変わります。ドライフラワー教室ご予約お申し込みTEL…

    ターシャ ミントハウスの花日記
    読者になる
  • 原線の広電バス運行時代-①

    広電バスの原線運行は昭和18年(1943)に郊外バス事業者の統合でマキノバスの廿日市~原線の運行を引き継いでおり、マキノバス時代の原線運行開始については定かでない。また当時国立原病院も開設されていなかったのでどこまで運行されていたのかも不明である。昭和22年(1947)に国立広島療養所分院として発足しているので、この頃に原(原療養所口)停留所が設けられたものであろう。昭和37年(1962)5月頃、広島バスセンターから原(原療養所口)行きが11便あり、ここから折り返していたが、それ以前の昭和35年(1960)頃にはすでに川末まで行く便もあったようである。(このバス停は現在原小学校上となっている)下画像は昭和20年代後期頃、原地区の中心地である橋本を通る広電バス(元原公民館HP画像より)原線の広電バス運行時代-①

    hathu 『はつかいち』ぶらり
    読者になる
  • 私の作品。サンプラーズリース。ご注文のブーケ。

    お早うございます広島県廿日市市吉和ミントハウスのターシャです。私の作品。サンプラーズリースです。色々なドライフラワーを、サンプル的に、リースにしたものです。金…

    ターシャ ミントハウスの花日記
    読者になる
  • 原線の広電バス運行休止

    原地区の川末まで運行していた広電バスは一昨日で運行休止となり、昨日から小型の廿日市さくらバス(市自主運行バス)が運行されだした。昨今の原線広電バスは大きな車両でほとんど空気を運搬していたような状態であった。当ブログ主が若い頃にはバスセンターまで通勤に利用していた。時には満員で積み残しが出て臨時バスが運行されていたようなこともありドル箱路線であったのであるが・・・原線の広電バス運行休止

    hathu 『はつかいち』ぶらり
    読者になる

続きを見る

  • 剪庭園日記・興道

    広島県、山口県岩国市・周防大島町代表の樹木の医者・剪定士の塩田剪庭園のアメブロ版です

    読者になる
  • 歩人庵の住まい徒然

    広島廿日市市で建築事務所を営んでいる酒井光憲と申します。n主に木造住宅を設計しておりn「家の中でも森林浴が出来る!」nそんな建築が目標の一つです。n仕事、旅、散歩、アート、音楽の事などを徒然なる儘に、書き込んだブログです。

    読者になる

続きを見る