TOPICS

山口県情報 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    「ロハス島地温泉」行って来た。

    好奇心旺盛なHobenさんが、時事、トレンド、健康、グルメ、科学ニュースに一言解説

    Hobenさん

    HobenさんのBlog

    読者になる
  • 2位

    芳松庵の紅葉

    防府天満宮にある茶室・芳松庵で紅葉が見頃を迎えている。紅葉時季に防府天満宮を旅したことがなかったから、今までずっと紅葉を見落としてたのね。こんなにもきれいなのに。茶室は有料なんだけど、庭園は見学自由だ。庭園は広くないけど、見応えはあるように思う。色付いていないモミジもまだあるけど、今がちょうどいい。今までは、防府市の紅葉と言えば毛利氏庭園ばかり気にしてたけど新たな発見ができた今回の旅は良かったと言...

    ゆうじ

    山口県の旅

    読者になる
  • 3位

    いきるちゃんFamily⑨ 日々に“豊饒な”家族

    おはようございます《あかるく あいかつ あおい鳥》  久しぶりのいきるちゃんFamilyです。前回⑧「怪獣あさごん」は8月28日でした。だいぶ前にご報告を頂い…

    青い鳥動物愛護会

    青い鳥を求めて…(青い鳥動物愛護会)

    読者になる
  • 4位

    コストコフードコート新アイテム、ベーカリー、お菓子 201911

    好奇心旺盛なHobenさんが、時事、トレンド、健康、グルメ、科学ニュースに一言解説

    Hobenさん

    HobenさんのBlog

    読者になる
  • 5位

    徳山のカフェ

    所用で周南市へ、市役所もきれいになりましたね~。で、もろもろの用事も終わって、珈琲タイムは徳山駅近くの「カフェクラブミル」さんへ。近くにある指定パーキングに置けば、駐車料金は無料になります。静かな通りから一歩お店に入れば、多くのお客さんで賑わってます。でも、テーブルごとにスペースが分かれているので、ゆっくりと過ごせます。美味しいコーヒー、美味しいタルト~、まったりとしたひととき~。帰る前に、久々に晴海ふ頭へ~。大分行の周防灘フェリーです。海辺の夕景は郷愁を誘います~。徳山のカフェ

    おどろき森の季山野の記?

    おどろき森の季山野の記?

    読者になる
  • 6位
    読者になる
  • 7位

    お好み焼きしずちゃん

    お好み焼きしずちゃんは、今年の夏、周防大島町船越にオープンしました。場所は、東和病院から車で約1分走って、小道へ右折したらすぐです。お好み焼きの幟が目印です。メニューは、お好みやと焼きそばです。価格は、500円!とってもリーズナブルなのに、なんと「そばダ

    読者になる
  • 8位

    2019紅葉

    紅葉の季節になったので様子を見に。

    ku

    関門海峡 Today

    読者になる
  • 9位

    「ちょび塩サミットIN周防大島」のお知らせ

    ちょび塩でおいしく、運動・活動で元気に!!を合言葉にちょび塩ミニサミットin周防大島が、11月23日(土)9時30分から大島文化センター周辺(小松)で開催されます。カフェ&レストラン ジョイナスのちょび塩ロコモコ丼や手作りパンで大人気のワン・ハート天然酵母

    読者になる
  • 10位

    壮年の部

    11月16日、山口市秋穂で開催された、第28回浜村杯秋穂ロードレースに約7年ぶり(たぶん)に参加してきました。今回私がエントリーしたカテゴリーは、『20キロ壮年男子の部』だったらしく、会場受付時に、そのことに気付き、寄せる年波にちょっとショック!レースでは、このショックを振り払うように、序盤からオーバーペースで飛ばし、10キロ付近で、もうバテバテに…。これが、壮年の悲しさか…。サザンの『壮年JUNP』の歌詞、「青春の陽は♪燃え尽きたんだな♪」が頭の中でリフレインする。そんなに気にしている訳でもありませんが、ゴール後、『壮年』を検索すると、「25歳~39歳」くらいの人を指す言葉らしい。(bywikipedia厚生労働省資料)喜んでいいのか悪いのか、間違いを指摘したいのか、したくないのかよく分からなくなりましたが、...壮年の部

    木下会計事務所 スタッフ

    山口県宇部市の木下事務所 『ほっとひと息』ブログ

    読者になる
  • 11位

    パートナーは自分の意志は殺し周りに任せている?

    朝 5時起床  曇り 温度8度 日の出 6:56  今年も残すところ  40日 早いものです*** 今日もいつもの朝がやって来た パートナーは最近 トイレの大の方が出ていないので 愚僧は気になっている?  だから 朝の挨拶も 「おはよう トイレに行こうか?」となります?  ...

    愚真房

    隠居僧(老和尚)の「パートナーの難病介護の日常」

    読者になる
  • 12位

    まんじゅう、お茶のマリアージュ相手、和風な贅沢なひととき

    秋と言えば、もみじ→もみじまんじゅう→まんじゅう→ということで、大牟田の銘菓を紹介しちゃいましょう。 大牟田と言えば、三井三池炭鉱から石炭化学工業で栄えた街です。九州に限らず、日本全国から、人が集まる、黒いダイヤと呼ばれた石炭を求めて。そんな石炭を掘り、お金を稼いだ炭鉱夫たちは、一年に一回の休みに、お金と共にお土産を持って家族の元へ。 そのお土産の代表が、菓舗だいふくのかすてーら饅頭なのです。 今のように甘いチョコレートもない時代、とうちゃんが買ってくる大牟田の饅頭。ぜいたくですよね。最高のお土産ですよ。袋を開けると丸い饅頭がこんにちは。かぶりつく子、半分に割って恋人とシェアするケース、ナイフ…

    ラフマニスト

    東北、飛んで、九州

    読者になる